toggle
2017-01-27

絵を描くことのできる毎日

息子たちが小さかった頃は

好きな絵を思うように描けなくて焦っていました。

うちの子は一歳半違いの兄弟

あのころは絵を描くどころか鉛筆を持つこともできない毎日で…

上は動き回り、何もかもひっくり返す😓

下はお腹をすかせて泣く

年子の男の子二人を育てる日々は、それはそれはたいへんではありましたが

子どもって可愛くておもしろくて🐌それはそれで楽しく充実していました。

。。。

でも心の隅にはいつも「絵を描く仕事をしたい」という気持ちがあって。。。

大きくなってからも地域や学校のことに時間を取られて

なかなか集中できずにいましたが

細切れの時間を繋ぎ合わせて作品を作り

お店に置いていただけたり、展示会に参加させていただいたりして

悩みながらも続けることができました。

。。。

長男が巣立ち、次男も自分のことで忙しくなった今は

あのころの焦れていた自分に

教えてやりたいくらい絵を描かせてもらっています。

東京で個展を開催させていただけたり。

絵のご依頼も少しいただいたり。

。。。

子どもが大きくなるのはあっという間。

絵が描けなくなる、仕事ができなくなると焦っていましたが

そんなことはなかった。

あきらめなくてよかった。

でもまだまだこれからも精進の日々です。

絵を描くことのできる毎日に感謝です。

。。。

今、ご依頼いただいた四季がテーマの絵を描いています。

「春」と「夏」は出来ています。

テーマが「四季」なので

あと秋と冬の2枚描きます。

これからも作品作りを続けていけますように。

関連記事
Comment





Comment